ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
五輪、女子フィギュア・スケート――「トゥーランドット」追記
 私もミーハーだなぁ。
 なおもしつこくヴァネッサ・メイをAmazonで調べていたら、こんなものまで出てきた。
 ――というか、先に書いた『マイ・フィギュア・スケート』の海外版(?)
 すでに2004年に出てるけどね。
 それに、来月出る日本版と違って、2枚組。もっとも、日本版は、日本の選手の使った曲を集めたものだけど。

My Figure Skating Album
My Figure Skating Album
posted with amazlet on 06.02.27
Tabea Zimmerman Piero Cappuccilli Nicolai Ghiaurov Mischa Maisky Isaac Albeniz Leroy Anderson Ludwig van Beethoven Georges Bizet Jerry Bock Fryderyk Chopin Deutsche Grammophon (2004/02/10)売り上げランキング: 50,415



 ついでに……。
 ネットって便利だね。
 荒川選手の使った「トゥーランドット」を今すぐ手に入れたい人向け? の一作も見つけた。

China Girl: The Classical Album 2
Zhan-hao / Chen, Gang He Vanessa-Mae David Arch Vasko Vassilev Viktor Fedotov Peter Lockett London Philharmonic Orchestra Royal Opera House Orchestra Covent Garden EMI (1997/09/09)売り上げランキング: 14,316


| 21:20| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
5輪の余韻? 女子フィギュアスケートのBGM集だって
 商売上手というか、何というか……。


 五輪のニュースをエキサイトで見ていたら、こんな記事が。

 ≪フリー使用曲が急浮上6位≫荒川がフリーの演技で使用した曲はイタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニの遺作オペラ「トゥーランドット」。荒川バージョンは、このオペラの名旋律の数々をバイオリン・ソロにアレンジしたアルバム「“トゥーランドット”のヴァイオリン・ファンタジー」に収録されている。英国の女性バイオリニス、ヴァネッサ・メイの演奏で、CDリリースは97年。廃盤にはなっていないが、現在製造は行われておらず、メーカー在庫もない状態だった。このため同CDの米国盤は24日、インターネットの通販サイトでクラシック・チャートの6位に急浮上した。



 ヴァネッサ・メイの曲って、フィギュア・スケートを見ていると、よく使われてる気がする。荒川選手も今回――というか、以前からだけど――使ってたよね。
続きを読む >>
| 16:08| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
“ムーンライト・シャドウ”
 期末テストも近づいてきて、さすがにターボのかかったわが娘。集中してくると静かな方がいいと、私が聴いてる音楽を切れ、なんて言ってくるのに、とっかかりはいつも「何か音楽かけていい?」

 仰天パンクとか激ロックを聴きたいというのではないので(^_^;、
「いいよ(私もBGM流れてるほうが好きだし)」と返すのだけど、このところステレオに放り込むのは、もっぱら、『イマージュ3 [トロワ]』。

 まぁ、“癒し系”で落ち着いた曲が多いし、クラシックに近いテイスト。気持ちを鎮めるにはぴったりかも。

 と、前置きはここまで。
 このなかで、最近、娘がやたら気に入ってる曲が、タイトルにも書いた『ムーンライト・シャドウ』。

 最初は鼻歌だったのに、なぜか懸命に歌詞を聴き取りながら唄いはじめ、あげく今日など――期末テストの準備はどこへ行ったのか――「ねぇ、歌詞カードはないの?」と訊いてくる始末。
 人に録音してもらった音源なので、歌詞カードの類は一切ない。じゃあ、ネットで探してみてよ、と近ごろのお子様らしく高い要求をつきつけてきて。(自分で調べろよ、と普段なら言うのだけど……期末テスト前、という切り札が……)

 でも、さすが。探したら、英詞のページが見つかった。というか、英語圏のサイトだったみたいだけど。(^_^;

 娘はそれだけで納得、懸命に歌詞カードを見ながら唄ってる。
 私のほうはといえば、先に日本語の歌詞のページが出てきたこともあって、内容に興味がわいた。
 アゼリン・デビソン盤(版)は、明るいカントリー調なので勘違いしそうだけど、結構、コワイ内容を歌ってる。恋人が銃で殺され、彼女が月影(ムーンライト・シャドウ)の中、彼を偲ぶ、という。

 とくに記憶に残っていたわけじゃないけど、どこかで聴いたことのある曲だったので、イマージュ3でも「あ、懐かしい〜」という感じだったのだけど、内容までは知らなかった。こんな悲しい、切ない歌詞だったとは。

 このことは、まだ娘には言ってない。日本語に訳してみたら、なんて、学習のつもりで軽く言ってしまったけれど、日本語訳を読んだら、どんな反応示すんだろ。




★Amazon
イマージュ3 [トロワ]
イマージュ3 [トロワ]
posted with amazlet on 06.02.17
オムニバス ヴァンゲリス アート・ガーファンクル GONTITI アゼリン・デビソン 葉加瀬太郎 宮本文昭 ソニーレコード (2003/01/29)売り上げランキング: 5,472



ムーンライト・シャドウ
アゼリン・デビソン ソニーミュージックエンタテインメント (2002/11/20)売り上げランキング: 8,836



★楽天
楽譜
◆ヤマハMM 楽譜 ピアノソロ「image3」イマージュ3◆ヤマハMM 楽譜 ピアノソロ「image3」イマージュ3


| 23:28| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
ノンストップ、100曲モーツァルト ???
 モーツアルトのセットCDが売れているそうな。生誕250年とかで、本国ではすご〜く盛り上がってるらしい。
 イベント好きな日本としては、乗っかり商売が繁盛しそう。(^_^;

 まぁ、モーツアルトは胎教にもいいというくらいで聴きやすいし、BGNにもぴったり。――そんな効き方は失礼かな。

 でも、ノンストップだなんて、まさしくそんな聴き方を奨励しているみたいだよね。

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
オムニバス(クラシック) カペラ・イストロポリターナ ワーズワース(バリー) モーツァルト ジャーマン・ウインド・ソロイスツ ヤンドー(イェネ) ヴァールヨン(デーネシュ) コンツェントゥス・ハンガリクス アンタル(マーティアス) ヴァーレク(イルジー) エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2005/08/31)売り上げランキング: 30


| 11:13| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
イム・ヒョンジュ、という歌い手さん
 先に書いたユーミンの「虹の下のどしゃ降りで」。もちろん、私は両A面扱いの楽曲、「Smile again」の方に興味があるわけだけど、“with Friends Of Love The Earth”として歌っていたイム・ヒョンジュにも、心惹かれてる。

 というのも、なんと言っても圧倒的に声がイイ。柔らかくて深みのあるテノール。そして、ちょっぴり情感込めすぎとも見える表情とテクニック。
 歌ってる姿は、「愛・地球博」のエンディングを飾る「ユーミン・コンサート」の録画で見ただけだけど。

 あんまり名前聞かない人だな、と思っていたら、なんの! 若干17歳! で、“名門ジュリアードで磨いたクラシックの実力をベースに、現代的な感性を織り交ぜた圧倒的な歌唱を聴かせる”シンガーだそうじゃないの。

 やっぱりなぁ。

 早速、ソロ・アルバムを探してみたら、すごいのがあった。
サリー・ガーデン
サリー・ガーデン

1.アヴェ・マリア
2.サリー・ガーデンズ
3.レット・ビューティ・アウェイク
4.「ディア・ハンター」~シー・ウォズ・ビューティフル~カヴァティーナ
5.「ウエスト・サイド・ストーリー」~トゥナイト
6.「オズの魔法使い」~虹の彼方に
7.ザ・ウォーター・イズ・ワイド
8.ヒア,ゼア・アンド・エヴリホェア
9.「ジキル博士&ハイド氏」~ワンス・アポン・ア・ドリーム
10.「エビータ」~ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンティーナ
11.オ・デル・ミオ・アマート・ベン
12.アヴェ・マリア(クラシック・バージョン)
13.春よ,来い
14.月の庭


 聴きた〜い。
 ユーミンの曲が入ってるのが、なんかウレシイ。

 「イマージュ4(キャトル)」にも、タイトルロールの「サリー・ガーデンズ」が入ってました。
イマージュ4(キャトル)
イマージュ4(キャトル)

 早速、両方、買わねば(イマージュ4は、まだ買ってなかったのかよ、って?)

| 21:14| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「Smile again」2月15日発売決定!! だそうで
虹の下のどしゃ降りで
虹の下のどしゃ降りで

 言わずとしれた、ユーミンの楽曲。愛知万博のファイナル・コンサートのため(?)に書き下ろされた曲で……。ああ、もう私がごちゃごちゃ書くより、公式ページから引用した方が早い。

「Smile again」松任谷由実 with Friends Of Love The Earth
「愛・地球博」最大の音楽イヴェント「Love The Earth Final」(2005年9月23日/ EXPOドームで実施)をきっかけに、YUMINGとアジアのアーティスト(ディック・リー、amin、イム・ヒョンジュ、シェイ・クー)とのコラボレーションから生まれた「Love The Earth Final」テーマソング。
限定配信楽曲、待望のCD化。

ユーミン公式サイトより



 松任谷由実が約8ヶ月ぶりとなるニュー・シングル“虹の下のどしゃ降りで/Smile again”を2月15日にリリースする。本作は両A面シングル。“虹の下のどしゃ降りで”はJR東日本〈Suicaキャンペーン〉の最新CMのために書き下ろされた新曲で、70年代のスイート・ソウルを思わせる春らしいナンバー。一方の“Smile again”は、昨年の〈愛・地球博〉で披露された楽曲で、これまで音楽配信のみで販売されていたもの。年末の〈紅白歌合戦〉で再び歌われ、高い反響を呼び起こしたナンバーが遂にCD化です!

bounce comより


 最初はiTuneで、次はYahoo!とかbounceなどで、ダウンロード・オンリーだったから、どうしようかなぁと迷ってた。そのうち、CDになるのでは、と希望を抱くも、「with Friends Of Love The Earth」の面々との著作権の問題とか、いろいろあるんじゃないか、とか勝手に想像して当面は無理かな、なんて考えたり。

 「愛・地球博」から1年。早いもので、去年の今ごろは、前哨戦? として公式FM局の「FM-Lovearth」が始まってたっけ。70年代、80年代の楽曲中心で、私などの世代(60年代生まれ)には懐かしい曲ばかりだった。

 そうした経緯もあって、あのころの楽曲に光が当たり、最近の見直しの動きがあるんじゃないか、とも思う。
 スティービー・ワンダーも最近、来日したし。「可愛いアイシャ」の中でダァダァ言ってた(はず)の娘さんを連れて。(^_^;

 ともあれ、「Smile again」は、今となっては懐かしい愛知万博の思い出を蘇らせてくれるアイテム(?)でもあるので、これは絶対、手元に置いておきたい。



★楽天
●3000円以上購入で全国送料無料!(一部地域除)松任谷由実/虹の下のどしゃ降りで

| 20:54| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『Triangle』SMAP
Triangle
Triangle
posted with amazlet on 06.01.04
SMAP 市川喜康 小西貴雄 篠崎隆一 h-wonder ビクターエンタテインメント (2005/11/23)
おすすめ度の平均: 4.9
5 待望のシングル化!5 SMAPだからこそ5 SMAPってすごい。


 はたまたスマップがやってくれた〜♪
 って感じですね。
 この「トライアングル」という曲。


2005年夏のライヴ・ツアー「SMAPとイク? SMAP SAMPLE TOUR FOR 62DAYS.」でも披露された「Triangle」。『24時間テレビ28「愛は地球を救う」』の中でも歌唱され、シングル発売の要望が殺到した名曲が遂に発売。
 


 ライヴDVDも見たくなってしまいました〜。(^_^;
 「BANG! BANG! バカンス!」も入ってるし、「夜空ノムコウ」「がんばりましょう」などのヒットソング、そして何より、万博のテーマソングにもなったエリック・クラプトンの「友だちへ ~Say What You Will」も入ってる。
 そしてそして、「世界に一つだけの花」


 『世界に一つだけの花』の大ヒット。それも、普通(?)のヒットではなくて、障害者の人たちの応援歌になったり、手話で歌われたり。
 私も、今、中学生の娘が小学生6年生のとき、子供会の行事で、子どもたちと一緒に、手話で『世界に一つだけの花』を合唱しましたよ。

 今度の『Triangle』は、そんなことも思いださせてくれた。
 テレビのテロップでは、作詞作曲“ 市川喜康”となってたけど、この人、「19(ジューク)」のヒトだったんですね。

 これもまた、“永遠の名曲”として残って欲しい。『世界〜』を歌ってくれたSMAPだからこそ、頑張ってヒットさせて。

 というより、今というきな臭い時代(時期)――自衛隊のイラク派遣の延長が決定されたり、憲法改正がいよいよ本格的に始動を始めたり――だからこそ、広く歌われて欲しい。

 本心から、そう思いますね。



★楽天ショップで見る
 SMAP/Triangle


DVD

★Amazon
SMAPとイッちゃった! SMAP SAMPLE TOUR 2005
ビクターエンタテインメント (2005/12/14)売り上げランキング: 10


★楽天ショップ
SMAPとイッちゃった!SMAP SAMPLE TOUR 2005

| 18:04| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/7PAGES | >>