ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
徒歩男くん、到着!
 先日書いたエントリーの続き。いよいよ会場入り。

 会場到着、おめでとう〜♪

 20日が予定日、と聞いていたので、朝からFMラヴァースを付けて、聞き耳を立てていました。朝番DJの佐野瑛厘さんも「いよいよ、今日、到着予定です」と。「今、どの辺を歩いているんでしょうね。すぐ近くまで来ているはずですよね」

 そうなんだ。“歩き”だった。電車や車なら、さっと来られる距離でも、“徒歩”だと感覚が違うんだ。文字どおり、刻一刻と近づいている、んだね。

 あらためて、そんなことを考えさせられました。

 用事を終えて昼に帰宅。即座にラジオを付けると、昼番DJのジェフリー・ジェムズと、佐野瑛厘さん、CBCの大石アナも加わって、なんとライブで「徒歩男さん到着〜!」とやっているではないですか。→ラヴァースのブログ

 「enjoy愛知万博」の掲示板で経緯を追っていたらしい人たちが大勢、出迎えたらしく、当人に感想を聞いても、感激でしばらく声のでない状態。

 なんか、感動〜。私も、ウルウルしそうになっちゃいました。


 ついでに、夕方、テレビでも放映するというので、見ました。「ユ−ガッタ!CBC」の、「大石で行こう」コーナー。浜松あたりで出迎え、10キロ一緒に歩くところから始まって、再び出迎え、ともに会場入りまで、結構、長く紹介してくれました。

 番組によると、「enjoy愛知万博」への応援の書き込みは9万件。CBCへの応援メールも、「こんなに〜」と大石アナがプリントアウトの束を振ってました。

 ところで、うちの近くに国道1号線が走っているんですが、彼はこの1号線沿いに歩いてきたんですね。ところが、ちゃんと歩けるところばかりではなく、迂回せざるを得ない場面も。(当然といえば当然なんだけど)考えた以上に苦労してきてたんだ。思わず感心。

 ラヴァースの前で応援者たちが「おめでとう〜♪」と横断幕やらポスターやらを振って歓迎しているようすは、大石アナじゃないけど、本当にこの世の中、捨てたもんじゃないな、と。

 人の優しさみたいなものを教えられた気がしました。やっぱ、ウルウル〜。

 こんなスレッカラシのオバサンにピュアな心を思い出させてくれて、徒歩男くん、感謝。そして、誕生日、おめでとう♪ です。

| 22:52| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
徒歩男、だって
 ひとりごとブログのほうにも書いたのだけど、少し前に“茨城から徒歩で愛知万博に向かっている”男性のことを聞いた。今月、7月6日に出発して、20日ごろには会場に着けるのではないか、という話だった。

 世の中には、奇特というか、面白い人もいるもんだ。万博を盛り上げるためにも、もってこいの人(話題)になりつつある、ってことも、今どきな感じ。

 車で仕事場に向かう途中、FMラヴァースを聴いていたら、DJが「とうとう今日、愛知県入りしました」と言うではないか。同時に、「今、当人と、同行の地元テレビ局のCBCの大石アナウンサーと繋がってます、お話を聞いてみましょう」だって。

 ほええ〜。ラヴァースで大石さんの声が聞けるとは。CBCってのは、TBS系の「中部日本放送」のこと。ラジオも持っていて、FMラヴァースの共同主催?社でもあり。この大石アナ、結構イケメンで。20日に“徒歩男”、ついに会場に到着! ということで、テレビで放映するらしい。もしかして、夕方のニュース枠内「大石で行こう」?

 知らなかったんだけど、“一緒に歩いて”いたらしい。結構、歩調が早くて、スタッフの一人はマタズレ(!)起こした、とか言っていた。仕事とはいえ、大変そう。当人の声も聞けた。取材とか放送とか、ちょっと戸惑ってる感じだったけど、20歳の男子大学生さんらしい元気な声だった。

 ただでさえ、体調不良へもってこの猛暑。元気を分けてほしい〜。



★参考サイト。というか、どうも仕掛け人?らしい。

掲示板「Enjoy愛知万博」

 覗いてみたら、ツリーが80ページ近くにまで伸びていた。すご〜い、盛り上がり。

 こうした情報をマスコミに上げるってことは、昔もあっただろうけど、ネットが縁というのも今の時代だよねぇ。その経緯を、つぶさに書き込みという形で見られるのも、今という時代ならでは。

  それにしても、ネーミングが「徒歩男」。「電車男」が話題な今だからこそ、の名称で、それ以外にいい渾名思いつかないけど、う〜ん。

 さて、いよいよ“会場入り”の日になったら、どうなるんだろう。「愛・地球広場」の大スクリーンで紹介したりして。(笑)



 ★参考:

 ラヴァース・ブログの関連記事:
徒歩男さんを探して
ガンバレ徒歩男


CBC:
 徒歩男さんへの応援メッセージは、「ユ−ガッタ!CBC」→右側の「ファンサイト」の下にある「ご意見・ご感想はこちらへ」という所から受付いたします。みなさんあと少しでゴールです!

 だそうで……。

 万博関係者には、すご〜くありがたい人?

| 20:42| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
“モリコロ”いろんな顔が……2
モリコロ入場券2

 入場券デザイン2。「真面目がお」版?
 でも、キッコロは笑ってて、可愛いですよね。
| 23:36| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
“モリコロ”にもいろんな顔があってね
モリコロ入場券1

 夏休みに入ったら、家族で万博に行こうと、券を買いに行った。夫の母親は、ペースメーカーが入っているので、障害者手帳を持っている。おまけに70歳以上で、シニアの券が買えた。安い! この券では、“モリコロ”は笑ってる。
| 23:37| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『めざめの方舟』DVDが出るそうな
めざめの方舟 OPEN YOUR MIND COMPLETE EDITION
めざめの方舟 OPEN YOUR MIND COMPLETE EDITION

 ブログペット関係で、あちこちの背景サイトを巡っていたら、とあるブログで記事を見つけた。

 それによると、これは「愛・地球博」の「夢見る山」パビリオンのテーマシアターで上映されている押井守監督の映像を集めたもの、だとか。

 たしか、3種類あるんですよね、映像は。

 最初期、万博協会が「人出が少ない〜」と言っていたころに上映していたのが「懺咫覆靴腓Δ曚Α法廖アリーナを取り囲む群像の頭が魚、のバージョン。

 私は、4月の始めに入ったんですが――このときは、なんと! 30分待ちでした。といっても、これは入場までの時間。整理券は、その場でもらえました―― アリーナ席で見たかったんだけど、券のもらい方がわからなくて、スロープへ。

 タマゴ型のスクリーンも、ちょっと不気味な群体も、スロープにあるスクリーンも、アリーナに並ぶモニターも、すべてが受像器、という感じで、面白い体験でした。

 が、予想どおり(?)、ちょっと迫力不足。隣にいた関西系のおばさんが「わからん。なんや、話がさっぱりわからん」とデカイ声でつぶやいていたので、よけいに興がそがれてしまって。(^_^;

 今、流れているのは、「百禽(ひゃっきん)」。来月あたりから変わる(はず)のが、ラストの「狗奴(くぬ)」。次はアリーナ、と思いつつ、未だに行けてませ〜ん。ゴールデンウィークに行ったとき、長蛇の列でビックリ。やめちゃいました。

 なにせ3時間待ちだったから……。

 早く2番目のバージョンも見たい〜。

 ところで、シアター内に、ショップがあるんですね。じぇんじぇん、気づきませんでした。ショップで売ってる版のDVDもほしいなぁ。


★楽天
『愛・地球博』にて限定販売されている“体験型映像空間”の特別編集版めざめの方舟 open your ...
| 21:04| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
万博 「7月5日から観覧予約ページが変わります」?
 8月のイベントを知りたくて、久しぶりに「愛・地球博」のホームページに行った。
 そうしたら、What's Newの欄に、タイトルに書いたような文字が。

 実際に、どうなるかわからないけれど、「今ごろかよ?」って気分。
 というのも、先日、夏休みに家族で行こうと、「日立館」の事前予約を取ろうと頑張ったんだけど……。結果はバツ!
 たった15〜20分くらいの間に、「ビジーです」の表示の合間に、あれよあれよと予約が埋まっていくのを見て、愕然。
 経験上、△のついてるところは、2名くらいなら入れることがわかってる。でも、今回は4名。○のところでないと、絶対ムリ。それだけに、△のところに、二人ずつ分けて入れてやろうかとか、誘惑に駆られたり。

続きを読む >>
| 14:56| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
ユカギルマンモスは温暖化のシンボル?
 夏休みに家族で愛知万博に行こうと、事前予約を入れようとしたら……。目的の日立館は、なんとバツ! たった15〜20分でどの時間帯も満杯。がっくり。こりゃ、朝一で行って、並ばなきゃね。

 代わりに、というわけではないけれど、グローバルハウスの予約へ行ってみたら、あら? まだ空きがある。ってんで、とりあえず、ブルーに入れちゃいました。「世界の宝」のあるオレンジのほうが人気があるらしいけど、見て回るのって、一人ならともかく家族と一緒だとなかなか。というわけで、まぁ、いいじゃないか。どちらも、マンモスは見られるんだから。

 そう言い合ってたら、等の「ユカギルマンモス」について、NHKのニュースでやっていた。

 発掘(発見?)されたのは、ロシアのサハ共和国、永久凍土の拡がる土地。でも、見つかったのは、地球温暖化で永久凍土が溶けたから。

続きを読む >>
| 21:16| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/4PAGES | >>