ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
いくら“B代表”でも
 一応、勝った。
 勝つには勝った。
 そんな感じ。

 なぁんて感想が出るくらい、日本のファン、サポーターも、貪欲になってきたんですかね。ブラジル並みに(笑)。

 とはいえ。
 岡田さんの選手選考が分からない。
 佐藤寿人選手の例もあるから、J2のチームから選ぶなとは言わない。(広島は1年でJ1に戻ってきましたけどね) でも、試合後のコメントでわざわざ「若手が……」なんてダメ出しするくらいなら、なぜ出す? それも“親善試合”ではない、“公式戦”に。

 何試合もチャンスを貰いながらも、未だにアピールプレーばかりで“らしい”結果に結びつけられない香川選手、代表チームは育成なんてしていられる余裕あるの? と突っ込みたくなる。(苦手なヘディングを居残り練習、なんてニュースを読まされた日にゃ……。岡田さんはやっぱりクラブ監督タイプだよ、と言いたくなる)

 昨夜、「代表公式戦初キャップ」となった乾選手は、横浜Fマリノスでチャンスを貰いながらも何も出来ずに、結局、J2のセレッソに移籍した選手。候補合宿に呼ぶだけなら――それでも納得できないけど――まだ何とか納得する。
 でも、いきなり「公式戦出場」はないよ。まして、“やっぱり、アピールプレー”ばかりで、ろくな活躍ができない姿を見ていると、腹立たしくなってくる。

 J1で、代表を目指して頑張っている選手たちを莫迦にしてるよ。
 例えばJ2仙台の萬代選手、活躍して五輪チームに呼ばれたこともあった。昨季はJ1のチーム(ジュビロ)に移籍した。でも、チーム事情もあって(?)、結果は出せず、誰も代表に呼べとは言わない。
 例えばオシム時代に“飛び級”で招集された梅崎選手。(結局、公式戦での出番はなかった) J1浦和に移籍して、そこそこ頑張ってる。昨夜の「若手」を呼ぶくらいなら、なぜ彼を使わない?

 オシムばかりを信奉しているわけではないけれど、
「若手を使うときは慎重に、熟考してからにするべき」
 という言葉を思い出さずにいられない。

 アピールしようと独善的になりがちなことや、結果が出なかったらメンタルに影響を及ぼしやすいことなどを、オシムは説いていた。
 オシムが“若手”を使うときは大抵、後半の残り15分あたりから、つまりセオリー通りにやっていた。コイツを呼ぶのか? と思っても、使われ方自体は、焦れったいくらい真っ当で、納得できた。

 そういう試合を見たいです。

続きを読む >>
| 23:42| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
森本、水野、本田圭、元五輪組が活躍
↑トップにはこのニュースを持ってきたけれど――理由は後ほど――、
 しまったぁ〜!( ̄▽ ̄;)
 と思ったのは↓このニュース。

【欧州サッカー】水野が初ゴール、俊輔もフル出場 スコットランド - MSN産経ニュース
【欧州サッカー】「いいパス、ありがとう」水野、俊輔に感謝 - MSN産経ニュース

 クラブW杯の余韻を……というのは嘘で、娘の用事に付き合って起きていて、なんとなくチャンネルを合わせたら「生」で放送してた。
 連日のハイクオリティな闘いを見せつけられてきた眼には、若干、フィジカル頼みのヌルいゲームに感じてしまうものの、俊輔のプレーは相変わらずスゴスだし、先発で水野選手が出てる! ってことで、しばらく用をこなし“ながら"見ていた。

 前半の水野選手はあまり良いところが無く、後半、俊輔と絡むことによって少しずつ、持ち味を出しはじめていたのだけど、睡眠不足は片頭痛の素。
 助っ人は結果がすべて。なんとか結果が出るといいなぁと思いつつ、
 さすがに寝ました。
 その後に、ゴールが生まれたのか〜。(´・ω・`)

続きを読む >>
| 11:21| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
マンチェスター・ユナイテッド優勝 〜'08クラブW杯
FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 リガ・デ・キト vs マンチェスター・U(横浜)
2008年12月21日(日) 19:30キックオフ


ガンバ大阪 CFパチューカに勝利しクラブ世界3位に、08クラブW杯 写真24枚 国際ニュース : AFPBB News

 さすが、と言いたくなる「欧州王者vs南米王者」の対決。先日のG大阪がマンUに挑んだゲームと違い、実にサッカーらしいというか、堅いゲーム。
 図式的には攻めるマンU、守るキト、なのだけど、守備がメチャいいせいか、何やらキトのほうが上回っているような気がしてくる……。
 不思議、というより、こういうのも戦術、戦略なんだろうなぁ。
 だから、サッカー(観戦)は難しい、と言われてしまうところでもあるのだろうし、見方によって、メディアでさえ、ガラリと印象が変わってしまう。

 まぁ、最終的には、勝った方が上! ってことになるんですが。
 という意味でいえば、10人で勝ってしまったマンU、やっぱりスゴイ。

続きを読む >>
| 10:23| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
5位決定戦、クラブW杯〜天皇杯
 今日は天皇杯、4強を決める試合。でも、グランパスは相手がG大阪なので、25日までお預け。……日が開きすぎるのも心配だな〜。夏ごろの中断開けに、しっかりオフもらったくせに〜、という、動きのわるいゲームがありましたからねぇ。

-----------
 とはいえ、クラブW杯もあって、いろんなタイプのゲームを見られて、サッカー好きにはたまらない週間です。が、映画と同じ2時間を見続けるのは、さすがに疲れる〜。とくに眼が。このところ、ブルーベリーとかヒルベリーといったサプリを飲みまくりですわ。(録画しておいて、早送りという手もあるんですけどね〜)

 さすがの一般世間も少しは盛り上がったらしい(?)準決勝戦マンU-ガンバ戦、の昼間にやっていた5位決定戦。やっと録画を見ました。
 このあたりになってくると、ゲームが大味というか、ちょっと見劣りするなぁと。マンUとガンバの熱戦を見たあとからかもしれませんが。

 予想に反して、アデレードが勝ち。一瞬の隙を突いたゴールを死守して、といった感じ。アルアハリの美しいパスワークも見られたけど、堅い守りをこじ開けるには至らず……。まぁ、このゲームで、どちらも終了なので、気持ちが入っていたのはアデレードなのかな、という風にも見えましたが。

続きを読む >>
| 23:17| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「マンチェスター・ユナイテッド ガンバ大阪下し決勝進出」 クラブW杯
FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 G大阪 vs マンチェスター・U(横浜)
 12月18日(木) 19:30キックオフ


 中継〜! ゴールシーンを、いちいちリプレイなんてするな〜!
 肝心のルーニーのゴールがどう入ったか、分からなかったじゃないか〜!

 先日のFリーグの中継もそうだったけど、ゴールシーンをリプレイしすぎ!
 流している間に、次のプレーが始まってる。そっちのほうが見たいんだから。
 フットサルは当然だけど、今のサッカーも、プレースピードは速い。次へ行く時間がのったり取れた過去の時代とは違うんだよ。頭を切り換えてほしい。
 ゴールシーンは、試合後のハイライトで充分。


 と毒を吐いたところで。

 遠藤のPKをコロコロ〜と言って喜んでる人たちって……。ホンモノ見たことないのかな。
 あれがコロコロだったら、ファンデルサールに止められてたって。
 にしても、遠藤はワールドクラスだなぁ。

続きを読む >>
| 11:02| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
ガンバ大阪 アデレード - クラブW杯
 J's Goalの談話

 いきなり前線から激しいプレスに行くアデレード。ベストメンバーが揃ったということもあってか、戦術変えてきた? と思うほど、アグレッシブだった。
 一方、高さのないG大阪は、グラとの対戦のように、中盤での攻防で優位に立ちたいところ。……が、展開的にはガチ? 決定機をきっちりモノに出来た方が勝ち。という形になったのかな。後半終盤――というか二川選手が抜けてからか――は、アデレードのほうに決定機がたくさんあった。あれが決まっていれば、「マンUとの対戦が待っています」のは、アデレードだったかも。(昨日のアデレードなら、ある意味、面白そうではある)

 ガンバの決勝点は、中盤から猛ダッシュしてきた遠藤選手が決めた。ご褒美のようなキレイなゴール。元々、速攻で決めるチームではないこともあってか、TVで見ている限りでは、焦れったい展開が続く。

 高さという意味では、アデレードのほうがグラに似ていて。ユニフォームの色、客席でサポが振っていたタオマフも、一瞬、グラサポか? と思うような色合いで、ちょっとぼんやりすると、グラとの対戦と勘違いしそうにw ガンバがアウェイ側になってたし。(昨季の浦和のように、ホーム側を占拠されるのかと思ったら。慣れた方がいいということだったのかな)

 ちょっと気になったのは、安田選手のプレー。元々テクニックを持った選手だけど、先日のパチューカ戦を見たのかなと思うような、“アピール”プレーが散見された。パチューカの選手のように有効だったらよかったのだけど、結局は相手を抜けきることが出来なくて、せいぜいセットプレーをゲットするのみ。まぁ、それでもチャンスが増えるのはよし、ということだったのかもしれないけど。

続きを読む >>
| 17:05| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
パチューカ対アル・アハリ戦が予想以上に - クラブW杯
準々決勝アル・アハリ対CFパチューカ、08クラブW杯


 いや〜、ヒメネスPAPA、かっこいい!
 観客席で大喜びしていた息子さんもカワイイ。
 スコア展開といい、両チームの攻めの迫力、選手個々のテクニックといい、予想以上に面白かった〜。ひどい片頭痛で、薬を飲んで横になっていたのだけど、うつらうつらしながらも、最後まで見てしまいました。(だから治らないんだってば)

 準々決勝も違った面白さがあったけれど、やっぱりパス・サッカーだなぁと思ってしまいますね、こんなゲームを見せられると。
 同じ“パスが繋がる”といっても、相手のいないところへのボールだけではなくて、相手がいても繋がる、というのが凄い。

 世界は広い〜。こんなテクニシャンな選手たちが揃っていても、まだ上(のチーム、選手)がある、いるなんてねぇ。


 それにしても、
 0−2から4−2の逆転劇。
 ん? なんか既視感。
 攻め型のチームに堅守のチーム。
 ん? なんか見覚えのある……と、こちらはよくあるパターンだけど。

続きを読む >>
| 12:27| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/54PAGES | >>