ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 優勝U-17日本代表 1月からオシム・サッカー? | main | 『ウェブ進化論』 やっと読了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
少子化のこの時代に家族雑誌?
 新聞を読んでいたら、この雑誌の広告がど〜んと。
 最初は『プレジデント』本誌(?)だと思ったのだけど、ん? 内容紹介の文章がおかしい。
 よくよく見たら、「ファミリー」の文字がくっついてた。


 最近、やたら「子ども」をキーワードにした雑誌が目に付くなぁ。
 ↓これとか、


 ↓これとか。



 実を言うと、『日経キッズ+』、まえに買ったことがある。


 言い訳(?)をすれば、この “子どもの感性を磨く100冊の本” という記事が読みたくて、購入した。正直、たいしたことなかったけど(^_^;、娘自身には興味のある内容だったみたい。

 でも、毎回、買うようなものじゃないなぁ、と思って――ウチの子はもう中学生だし――それきり。

 子どもが小さいころには、『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』をよく買って読んだっけ。毛利子来(たねき)さんの書く本は、母親に優しくて、現役の小児科医でもあったので、東京まで診察を受けに行きたいと思ってた。

 少しだけ、娘には心配なところがあったので、毛利さんのはじめたジャパンマシニスト社の本は、ちょくちょく買って読んだ。

 もっとも、そうした「育児書」と比べて、プレジデントや日経が出してるのは、もっぱら「教育」方面によって(偏って?)るけれど。

 それにしても思うのは、この「少子化」の時代に、なぜ、こんなにも子ども関連――それも教育関係――の雑誌が立て続けに出るのか、ってこと。まぁ、売れてるんだろうけど。
 中国の一人っ子政策に対する「小皇帝」現象と同じような状況なのかな。
 生まれたひとり、ふたりの子を大事に大事に育てようとする、親の心につけ込んだ(といっては言いすぎか)現象なのかな、とかね。
 そうはいっても、うちもひとりだから、似たようなものなんだけど。(^_^;
| 19:40| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 19:40| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/862
 トラックバック