ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 「W杯のマル激的考察」 | main | 各国の出迎えニュース・クリップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
「上川主審で3決!日本人初めて決勝Tで笛」
上川主審で3決!日本人初めて決勝Tで笛 - 2006年ドイツW杯 紙面からニュース : nikkansports.com
 大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメントの笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審とともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。

 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。

 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱいだった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当する。――以下略。


 別ブログでこんな記事書いたあとで、浮かれるのが後ろめたい気もするんだけど、でも、やっぱり、オメデトウゴザイマス〜♪

 ビジネスがどうの、と言っても、選手、それから↑この上川審判には、直接は関係ないことだものね。素直に、努力健闘をたたえ、応援することにします!

 とはいえ……。こんな記事も。
ドイツ代表クローゼ「3位決定戦にはたぶん出場しない」
 ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の得点ランキング首位に立っているドイツのFWクローゼだが、ポルトガルとの3位決定戦に出場するかどうかは定かではない。筋肉疲労に苦しんでいるためだ。

「少し痛みを感じる。ポルトガル戦に出場できるかどうかは様子を見る必要がありそうだ。出場したいけれど、条件が整わなければベンチから観戦することになっても仕方がない」とクローゼは語った。
 一方、DFメルテザッカーは、足のけがで欠場が確実となっている。(C)SPORT[スポーツナビ 7月7日]

 エースが出ないなんて〜。ちょっと残念。でも、
ドイツ3位決定戦でカーン先発?
 8日にシュツットガルトで行われるW杯3位決定戦でポルトガルと対戦するドイツが、今大会は控えに回っていたGKのカーンを先発させる可能性があると6日付の複数のドイツ紙が報じた。

 大衆紙ビルトは「クリンスマン監督とコーチたちがカーンをゴールに立たせる計画を持っている。(正GKの)レーマンも了承しているはず」と前回大会最優秀選手の出場について報道。70年大会で西ドイツが3位決定戦で控えGKを起用した例も挙げた。
 ハンブルク・モルゲンポスト紙も「クリンスマン監督はカーンの起用を視野に入れている」としている。[2006年7月6日]nikkansports.com

 これは、ちょっと嬉しいかも。2002年の大会では、日本代表の守護神、楢崎正剛がカーンと比較されたりして、GKという比較的地味な役割に光が当たって、嬉しかったものでした。

 いろんな意味で、見逃せない試合になりました〜。(もしかして、これもFIFAの陰謀? ←まだ言ってるよ)


 上川審判、これが最後ですね。頑張ってくださ〜い♪
 (ドイツまで届け〜)


| 12:02| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 12:02| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/740
 トラックバック