ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 『六月の勝利の歌を忘れない』 | main | 中学校の定期テスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
ツネさまの『ミオ・クラシコ』
 カテゴリーをどこへ入れるか、迷いますね。CDだけど、サッカー選手とのコラボ品。
 ナカタドットネットで売ってる、スタイリッシュ(?)な、イージーリスニング風の現代音楽CDと違って、こちらは格調高くクラシック♪

ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖
ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖
オムニバス(クラシック), ニューヨーク・フィルハーモニック, バーンスタイン(レナード), ヴェルディ, アントルモン(フィリップ), サティ, フィラデルフィア管弦楽団, オーマンディ(ユージン), バッハ, ラフマニノフ



☆楽天ブックス
ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖

 誰が選んでるの〜、というイジワルな外部の声もあるみたいだけど、私がラジオで聞いた話によれば、宮本選手は元々、クラシックが好きで、いつも聞いてる曲から選んである、とのこと。
 たしかに、インテリだけに、頷ける話。いや、ヒデだって、クラシックと言われれば、似合うと思うけどね。

 日本のサッカー選手って、海外などの、いわゆる“サッカー選手”――ちょいと粗野で教育のし甲斐のある、といったら言いすぎか――のイメージとは少しばかり、外れる人が多そうですね。そこがまた、「日本的」で、いいんだろうけど。

| 00:04| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 00:04| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/713
 トラックバック