ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< フル代表、東欧遠征 | main | 『○○○○始末人』シリーズ文庫化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
“愛・地球博”、まだ終わってません(?)
 燃え尽き症候群? 愛知万博が終わって、惚けてる人、(とくに)愛知県人にいっぱいいそうな様子。私もその1人だけど。(^_^; →★『Enjoy 愛知万博

 そうは言っても、今日はミュージカルの『モーツァルト!』を見に行く予定なので、多少は紛れるかな。
 ――なぁんて考えるのも、やはり地元、名古屋近辺に住んでいると、イヤでも“万博のその後”情報が入ってくるからなんだろうな。新聞、テレビ、ラジオetc.

 “取り壊しの始まった会場”
 とか、
 “協会事務局長の中村氏が、職員を連れて最後のループ一週をした”
 とか、
 “某デパートで、さよなら愛・地球博と称して、グッズのバーゲンが始まった”
 とか、
 “瀬戸市がモリコロを住民登録。欲しい人に住民票を交付”
 なんてのまで。


 あれやこれやのニュースを聞かされると、なんだか切なくなるような、もう一度、熱くなりたいような、妙な気持ちにもなってくる、ってものです。
 35年前の大阪万博のときも、そうだったんでしょうか。


 さてはて、私が今、注目してるのは、上記にリンクも張った「Enjoy愛知万博」というサイト。そこが今、俄然、盛り上がってるんですよ。

 それぞれの外国館にあった物品は、オークションに出されたり、一国一市町村フレンドシップ事業で、パートナーだった市町村に送られたりと、なかなかいい終わり方をしてますが、あの目立つスペイン館の外壁が……。

 新聞に「スペイン館の外壁タイルが、引き取り手がなく、取り壊し、破棄される(かもしれない)もよう」という記事が載ってから、「何とかならないの? モッタイナイよ」「廃棄処分だけは阻止したい」という書き込みが多々、見受けられてました。
 先日、ある人が「タイルの共同購入をしよう! タイル1個1万円で」と呼びかけてから、我も我もと協力(購入したい!という)の申し出が。
 
 期限が迫っているということで、最初は2〜3日中にという期限付きだったんですが、その時点でなんと400個以上の申し込みが。発案者がそれで動きだし、地元のテレビ局、CBCの深夜ニュースにまで登場。それで、さらに購入希望者が集まってきていて、なかなかのムーブメントみたいになってきている状態です。

 いやぁ、ネットの力って侮れないわ。
 もともと、ポータルサイト的に「愛・地球博」の詳細口コミ情報が集まってきていたところで、会期中はここを拠点に会場内を歩いた人も多いのでは、と思われていたんですが、閉幕してからも、冷めるどころか、相変わらずの盛況ぶり。

 でも、閉幕したら終わり、関心な〜い、というよりいいかもしれませんね。
 閉幕後は元の青少年公園(更地)に戻して県に返す、というのが条件だそうですが、そこへ至るまで、きっちり見届けようという気持ちが、傍観者であるこちらまで、あったかい気持ちにさせてくれる、というか。どんな形で“本当に終わる”のか、最後まで付き合おうというか。
 当人たちは、燃え尽き症候群をなんとかしたいだけかもしれないけれども。(^_^;

 それに、外壁タイルは土からできた陶器。ゴミにしたらマズい化学製品ではなく、壊して捨てても土に還るだけだと思うので、「持続可能な環境保護社会」に反してはいない気はするんですけどね。まぁ、「せっかく(あんなに綺麗に)作ったものを壊す。→モッタイナイ」とは思いますが。

| 23:34| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 23:34| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/619
 トラックバック