ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< ダメだったころ | main | 追記:『12歳からの読書案内』やっと購入 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
『12歳からの読書案内』 金原瑞人(監修)
12歳からの読書案内
12歳からの読書案内
金原 瑞人

 Amazonからお知らせメールが来ました。“以前に「金原瑞人」の著書をお買い上げいただいた”ので、紹介します、とあったのがこの本。


 ヤングアダルト向け読書案内の類は、赤木かん子さんなど、いろいろな人のオススメを集めた本が以前にも出てたと思うのだけど、今回は“12歳から”というのがキーワードかも。

 というより、これは、どうやら「親のための本」らしい。子どもに、どんな本を“与えて”いいか迷っている人向け、みたい。




1章 「希望」がわいてくる本 ~「やりたいこと」や「新しい自分」に出会う!
2章 「勇気」があふれてくる本 ~「孤独」や「試練」を乗り越える!
3章 「コミュニケーション」の大切さに気づく本 ~理解しあう喜びを知る!
4章 「情感」が豊かになる本 ~毎日を楽しみながら生きていく!
5章 「いのち」の重みに気づく本 ~自分の生き方を見つめ直す!
6章 「冒険」させてくれる本 ~未来は自分で切り拓く!
7章 「想像力」がふくらむ本 ~何でもありの未知の世界!
8章 「好奇心」を刺激する本 ~身近なことを深く知る
9章 「豊かな言葉」に出会える本 ~短歌や詩を味わい尽くす!




 金原瑞人センセイは、「児童文学評論」という、ちょっといかめしいタイトルのメルマガのなかで、自身が訳した本のあとがきを集めた「あとがき大全」というものを出しているのだけれど、その中でいろんなヤングアダルト本について書かれているのが、なかなか面白い。

 ただ、メールマガジンという気楽さ(?)のせいか、ある意味、マニアックな本も多くて、一般の人――という言い方も何ですが――に、いきなりオススメしたらキツイだろうな、と思うことも。
 そういうとき、この手の本が役に立つのかもしれないね。

 それにしても、どんな本が載ってるのか、興味津々。



★bk-1
(・e・)


★楽天ブックス
12歳からの読書案内

| 21:35| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 21:35| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/466
 トラックバック