ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 昨日に引き続き、『のだめカンタービレ』今度はカレンダー♪ | main | 達郎の新譜『白いアンブレラ / ラッキー ガールに花 束を』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
FMラヴァースが終わってしまうのが
 いよいよ閉幕まで、一週間を切りましたね。
 昨日の朝、「FMラヴァース」(77.3Mhz)を聞いていたら、DJの中内祐子さんが「朝の放送担当は、これが最後になります」と言っていました。それを聞いたら、ホントに終わるんだなぁとあらためて実感が。

 私にとっては、万博そのものが終わるより、この「FMラヴァース」の放送が無くなってしまうほうが寂しいです。
 なぜって、70年代、80年代の(懐かしい)ヒット曲を、毎日、浴びるように聴けたから。

 絶頂期?のマイケル・ジャクソンやビレッジ・ピープル、クインシー・ジョーンズから、エイジア、スタイル・カウンシル、ボストン、ロッド・スチュアートや10CCまで、脈絡がないと言えばいえるけど、ホントにバラエティに富んだ楽曲を、次から次へと繰り出して、気持ちよくその日その日を暮らさせてくれた。

 一応、CDという形で手元には残るけど、あの現場感、臨場感(?)、共有する時間というのは戻ってこない。

 寂しいけど、ありがとう! ご苦労様でした。






| 09:52| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 09:52| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/361
 トラックバック