ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< ハウル関連 | main | 柴田元幸さんが気になるので >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
片頭痛
 片頭痛が襲ってきた。

 とはいえ、今回のは定期的な、ホルモンの関係から起こるものとわかっているので、まぁ、こんなものかな、と。どちらにしろ、トリプタン製剤(zomig)を飲めば楽になるので、以前ほどあわてずにすむのがありがたい。
 今は解散してしまった文章(学習)の会でも、頭痛持ちという女性は結構、いた。程度の差があるので、お互いの話はあまり参考にならなかったけれど、私のように「寝込むこともあるよ」と言ってくれた人がいて、なんだか、少し安心した。

 その人が「酢を飲むといいよ」と教えてくれて、実行しているのだけれど、漢方薬と似ているのか、なかなか効果が出ない。いちばんの原因は睡眠不足。次に緊張。眼の疲れもあったりするから、あんまりパソに向かわない方がいいのかも。

 私は人より睡眠時間が長く必要なのかな、と思うことは、昔からあった。zomigを処方してもらうようになるまで、頭痛が激しいとき、ひたすら眠りこんでいた。丸一日、寝こむこともあった。

 そういうとき、さすがに翌日は気分爽快。身体も軽く、動くのが苦にならなかったりした。いちばんの治療法はこれかもね。身体が信号を出しているのだろうな。もう限界だよ、なんてね。その限界(リミッター)が低すぎるのが、それこそ私の限界なんだろうけれど。(なにかひとつのことに夢中になろうにも、頭痛に邪魔されてきた、というか……)

 ところでこのzomig、結構、眠くなる。“鼻に効く風邪薬”ほどではないけれど、神経に作用するためか、少しばかりぼんやりしてくる。普段、デパスという精神安定剤を使用してて、夜、よく眠れるようになったのだけど――私の場合、最初は肩こりの薬として処方してもらったのだけど――これと同じで、神経を休ませる方に働くのかも。“薬で精神状態をコントロールしている”と考えると、何だかなぁ、と思うこともあるけれど。


 といったことを(頭痛を持たない)人に話すと、必ず「あんまり薬に頼るな」「薬を飲み過ぎると、むしろ身体をこわすのでは」と言われる。なかには、エルゴタミンと混同して、薬物乱用頭痛じゃないかと言ってくれる人もいる。

 けれど、ものの本によると、頭痛による身体のダメージというものもあって、これは薬を使ってでも軽減した方がいい、とあった。私のようにzomigなしでは、もう生きられない(!)者にとっては、ありがた〜いお話。

 (頭痛のモトになりそうな)イライラも緊張も寝不足も、とりあえず和らげてくれると思えば、薬を使うのもアリでは。医師の管理の下に服用してるんだしね。

 なんか、言い訳ばっかりしてる? そんな風に感じるのは、やっぱり“人からのいろんな忠告”を気にしてるからかな。



| 17:45| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 17:45| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/277
 トラックバック