ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 俊輔、鮮烈デビュー! | main | 「ベルばら米」? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
「スペイン館」のチャリティ・イベント
愛・地球博 はためく万国旗

 そういえば、少し前の新聞記事に、スペイン館の外壁に使われている、六角形のタイルの予備があって、それを「国境なき医師団」へ寄付する形で、チャリティ・オークションを開催する、と載っていたっけ。

 あの六角形のタイル、内側から顔を出して写真を撮るにはぴったりだとかで、恰好の記念撮影スポットになっているらしい。観光地などによくある、人形とかキャラクターの顔だけくりぬいたところへ自分の顔をハメて撮る、あれね。


 オークションといっても、さすがに金額が大きすぎて、一般人は手が出そうもないけど、楽しい試みではあるよね。というより、チャリティとかボランティアという言葉に抵抗のないヨーロッパの国のアイディアならでは、というか。

 愛・地球博も終盤近く。オークションは9月の10日あたりらしいけど、アイディア自体は、かなり前から考えられていたのだろう。でないとすれば、フットワークが抜群にいいということで、どちらにしても、“オトナの余裕”を感じさせる。
 スペインは、ヨーロッパの中で経済的には、それほど余裕のある国ではないというし、それでも、こうしたチャリティの精神を失っていないというのは、いろいろな意味でまだまだ立ち後れ感のある日本という国に住む者にとっては、羨ましい気がする。
| 09:51| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 09:51| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/217
 トラックバック