ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< パチューカ対アル・アハリ戦が予想以上に - クラブW杯 | main | ガンバ大阪 アデレード - クラブW杯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
フィギュアGPファイナル @ 韓国
浅田 3大会ぶりの優勝、フィギュアGPファイナル
金妍児 総合2位
中野は総合5位 安藤は総合6位に終わる、フィギュアGPファイナル
小塚 ファイナル初出場で準優勝

 忙しい週末の日曜日。クラブW杯に(入れ替え戦)、フィギュア・スケート。昨日は、Fリーグの名古屋オーシャンズの試合を生中継(!)なんてのもあって、格別に楽しい休日に。

 な〜んて、そうなったのは、私の片頭痛のせい。先にも書いたように、外出できないからこそのTV三昧(といっても、しっかり見ているとよけいに辛くなるので、チラ見ですが)だったから、なんだけどw


 フィギュア・スケートに戻れば、やかましい観客とうるさい解説のTV放送のおかげで、楽しい観戦とはいかなかった。(伊藤みどり氏、選手時代は好きだったけど、解説は相変わらず下手。五輪ソフトボール決勝戦を真似したみたいな絶叫解説は、これきりにしてほしい)(それをいうのなら、佐藤有香さんが始めた“初心者向けの技説明入り”の解説は、みんながみんな真似しなくてもいいと思う)

 たまたまe2で、昨季のイヨーテボリの世界フィギュアを再放送してくれてて、録画して見たんですが、解説が村主選手で、演技中のよけいな(ツッコミみたいな)喋りはなく、演技が終わってから、全体を見なす感じでの解説。いい感じ。

 観客も、技が決まると歓声が上がっていたりするけど、あの(韓国だけじゃなく日本でも最近、増えてきた)悲鳴みたいな声ではなくて、旗を振っているのも華族か? と思うような年配の人たちだったりと、全体に静かで落ち着いた雰囲気。

 日本も韓国も過渡期なのだとは思うけれども、そろそろ落ち着いた放送をみたいぞ。
 (なんか愚痴ばっかりになったなぁ)

| 16:10| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 16:10| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1794
 トラックバック