ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 織田信成選手復活! NHK杯シングル優勝 | main | 優勝は逃したけど、来季はACLに挑戦! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
「パリ・シャンゼリゼ通りのイルミネーション」
 動画で海外の街の様子――それもクリスマス・イルミネーションを見られるなんて。
 (わざわざ出かけて行かなくてもいい、というナマケモノ発想〜)

 とはいえ、買い物に出ると、通常の(?)お店だけでなく、一般の家やマンションの玄関口、マンションの一室(!)などまで、キラキラと光のアートが輝いていたりして驚く。

 電気代もばかにならないという話だけど……。この金融危機下の不況化で、大丈夫なんだろうかと余計な心配をしてみたり、よほど儲かってるのねとやっかんでみたり。


 以前、プラネタリウムのプログラムで、地球の夜の面を人工衛星から写した写真を見せてもらったことがあるけど、驚いたのは、世界で一番明るく光る日本列島――輪郭どころか、塗り絵のように白く塗りつぶした列島そのもの――の姿だった。

 これでエコエコ言ってるんだからなぁ、と見ていた人たちから溜息が漏れていたっけ。

 ただ、日本は光を上空に向かって放ってしまっている、という側面もあるらしい。街灯など、ヨーロッパでは、下向きにすべての光を集中させるような――上に光が逃げないような工夫をされた物を使用している街や国などもあるらしいので、一概に日本だけがエネルギーを使いすぎている、とは言えないのかもしれない。


 でもまぁ、寒い時期の街のきらびやかな光は、それこそ気分を明るくしてくれるし、華やかさを取り戻してもくれる。バランスよく使っていきたいよね。

| 22:19| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 22:19| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1786
 トラックバック