ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< なでしこ、ナビスコ(カップ) | main | 「3連敗で北京五輪を終える」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
一次リーグ敗退、北京五輪サッカー
日本 ナイジェリアに敗れ一次リーグ敗退  : AFPBB News
谷間広がる連続敗退=日本サッカーにも警鐘 スポーツナビ
【前園真聖】声出せ点取れとにかく結果を SANSPO.COM
荒れたピッチに、日本は負けた。
完敗

 麻也は、自分が出ていないのに頭を下げなきゃならないのは、違う意味で悔しいだろうなぁ。

 大口叩きの本田圭佑でさえ(?)こんな姿を見ると、彼なりに必死にプレーしたんだなぁと思う。後半の運動量のガタ落ちぶりに(相変わらずやなぁ)と思ってしまったけれども、責めるのは酷かも。
 「内容では勝っていた」というコメントは、負け惜しみ以外のなにものでもないけど。

 唯一、トヨグバのゴールが決まったのが救いだったかな。これも、厳しいことを言えば、2点先行したチームのちょっとした心の緩みのおかげともいえるけれど。

 とまれ、お疲れ様。
 まだ1戦あるけどね。

 反町監督、試合に出てないのは山本海人と吉田麻也だけですよ、2人を最後まで出さないってことはないよね?

 ノルウェーが勝ち抜けを決めて、3戦目はメンバーを落としてくる可能性があるなでしこと違い、男子のB組は、日本を除いてドローゲームばかりで、最後まで勝ち点争い。
 オランダでさえ、3戦目をガチでやらなければならない。ということで、単なる消化試合ではなくなった。これは願ってもない状況ではないだろうか。

 真剣に勝ちに来る相手と対峙できるなんて、いい経験。出られたらガンバレ、麻也。


 さてはて、考えていた最悪の形で予想が当たってしまったわけだけど。
 酷いジャッジはともかく、荒れたピッチに負けたなんてコメントがあって、ではいったい何のためのトゥーロンへの参加だったんだ? と思ってしまった。

 あの大会で使用されていたピッチも、芝が深くて結構でこぼこしていて、やりにくそうだったよね? でも、それなりに選手たちは頑張って、走って繋いで、ゴールを奪いに行っていた。
 あの大会に参加した選手が最終的なメンバーだと反町監督は話したけれども、実際は参加していない選手が何人か選ばれた。
 そのせいだったという記事も見たけれども、そうなんだろうか。



アルゼンチン 2連勝で決勝トーナメント進出  : AFPBB News

 う〜ん、アルゼンチン強い!

 でも、日本の今回の敗退は、日本のサッカー協会に残る(前任会長氏のという意味で)コマーシャリズムの負けという気もする。
 だいたい、年代別代表の監督(反町氏のことです)が、試合のチケットの売れ行きを心配したり、客席を埋めた観客に感謝するような発言をしたり、U20が合流して選んだ選手を(岡田)フル代表に持って行かれても文句も言わなかったり、なんだかなぁと思うことが多すぎた。

 あと、朝日新聞に、年少のころからの育成法を考え直したほうがいい、という記事があったけれども、それ“だけ”だろうか。前から書いているけれども、結果を出すには、今、こうした大会で“国際”経験を積んだ選手たちが指導者になり、やがて監督として戻ってくる、そういう時代まで待つ必要があるのかもしれない。
 もっとも、年齢的には、最年長のカズやゴンあたりを思えば、もうじきという気もするけれども。

| 10:14| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 10:14| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1725
 トラックバック