ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 今年のJOMOカップ | main | 新しいサッカー協会会長は犬飼氏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
「宙に舞うG8首脳たち〜洞爺湖サミット」
 うわ〜、どうやって作ったんだ〜?と思ったら、人がマスクを被っていたんでした。
 でも、このパフォーマンスは凄いわ。クレーンで吊り上げたんだろうか。

「【洞爺湖サミット】エコ志向って本当? 取材記者に“豪華みやげ”」イザ!

 テレビで報道されてる「抗議行動」を見て、家人は――とくに子どもは「なんで抗議なんてするの?」と言っていたが、そういう見方をする人は多そう。「べつにわるいことはしてないじゃん」というわけ。

 でも、このニュースを読んだりすると、開催そのものに莫大な予算がかけられていることを思い出す。そうして何が進むのか? と問えば、どうにも微妙な感は拭えない。
 例えばアメリカ大統領のブッシュさん、今ここへ来ても、この先何ができるんだろう。(いい息抜きになってる感もなくはない)

 結局、「2050年までに温室効果ガス排出を少なくとも半減させるとした地球温暖化対策の長期目標」はグダグダに。

 開催そのものが莫大な“無駄”、という論は成立する。


JUGEMテーマ:ニュース


| 19:46| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 19:46| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1710
 トラックバック