ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< ドラマ「SP」が終わってしまった | main | 本日のグラの練習試合について〜vsロアッソ熊本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
ユースは一足お先に京都サンガと(練習)試合
★TM VS 京都サンガF.C.U-18 - 子鯱観戦記
■ユースアカデミー:試合結果のお知らせ (Official Web Site)
 子鯱さんのブログと、公式のニュースを見て、グラ・ユースはとっくに始動してるんだ〜と。考えてみれば、あたりまえなんだけど。

 ユースのスケジュールに、相手チームが(未だに)未定とあるのは、ご愛敬。オフィシャルサイトを管理しているのは、ソネットさんなんですかね。これまでのグラの広報さんが、FC岐阜に引き抜かれた(?)そうだけど、全世界からアクセス可能なのだから、新しい広報さん、きちんと管理してくださいませ。

 ――もしかして部署が違うのかな〜、と思ったけれど、こんな話も! やっぱり広報さんのお仕事だったんですか、サイト管理は。せめてネット関係は、もう一人、担当者を作った方がいいのでは?


 話がそれた。思ったのは、トップチームとユースチームとの整合性は大丈夫なのかなぁってこと。昨季までは、前監督のセフが育成のプロだったこともあってか、ユースの練習や試合にもよく顔を出していたと聞いたから、そちら方面では安心してた。

 もちろん、既に結果(高円宮杯出場など)が出ているわけだし杞憂だと思うけれど。どうも、日本代表前々監督のトラウマが……笑。
 まして、ストイコビッチ監督(ミスターとは、まだ呼べませ〜ん 汗)はオシムの教え子で、「目指すは華麗なパスサッカー」なんて言葉も出ているようすなので、方向性としては、大丈夫かな、とホッとしたんですけど。
 ま、素人考えなんで、よけいなことかもしれませんが。

 代表チームも、監督が替わって、四苦八苦しているようすなので、ふと心に浮かんだことでした。


※おまけクリップ
■松永監督らがジュニア指導者指導 − 岐阜新聞 Web


■選手&指導者の個性が生かせる育成法:ユースニュース(CHUNICHI Web)
 選手育成を目的とするユースアカデミーと、普及を目的とするスクール事業部を、育成普及部として統合した今年、まず取り組む作業は、クラブとしてのコンセプトを明確な形にすること。選手や指導者の個性によって、育成方法はさまざまだが、スタートラインとして、原則や目安を書類などで明確に残していきたいと思っている。

 それぞれの部門が発展した今、クラブ全体のパワーに結びつけるためには、コーチ間の情報交換を密にして、指導方針の統一感や、コンセプトを大切にしたいと思っている。




JUGEMテーマ:名古屋グランパス

JUGEMテーマ:Jリーグ

JUGEMテーマ:サッカー


| 23:55| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 23:55| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1551
 トラックバック