ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< FC岐阜、J2へ!〜GOGOグランパス | main | 2007年バロンドール〜移籍ネタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
CLセルティック〜負けてない、勝ててない
 ここに俊輔がいないのが悔しいねぇ。

PSVアイントホーフェン アウェーでCSKAモスクワに勝利 : AFPBB News
 今、どなたが指揮を執ってるんでしょう。海外サカーは、ただゲームを見るだけなので、詳しいことはよくわかりません。
 セフがいなくても、きっちりやってるみたいじゃない?(笑)


 翻ってJリーグ、昨日の逆転劇には、未だに興奮が冷めやらず。2強と言われて、絶対的な存在と思っていたレッズとガンバが脱落。秋田豊選手が引退セレモニーで語っていた、“ファイティング・スピリットで諦めずに闘ってきた”チームが栄冠というのは、低迷しているグランパスにも、希望を与えてくれる(?)

 アンダーカテゴリーは別として、オシム体制のA代表に1人も呼ばれていないチームが最後に笑ったというのも、皮肉というか暗示的というか。(オリベイラ監督、キャラ違うんじゃない?というほど、ぴょんぴょん跳ねて、はぎゃぎまわってましたねぇ。内田篤人選手の涙には、思わずもらい泣きしそうに……)
 単純に考えれば、代表に呼ばれる=試合数が増える、ってことで、アントラーズの選手たちは疲労を溜めずに闘えた、ってことなんでしょうか。


 タイトルは、昨日の試合、浦和レッズvs横浜FC戦を見ていて気づいたこと。アナウンサーや解説者が「引き分け」について、横浜FCの場合は「勝てていない」、レッズの場合は「負けていない」と、使い分けて?いたこと。

 首位と最下位の扱いでは、どうしても、そうした表現になるのだろうけど、思ったのはレッズ側。「負けていない」という言葉に、変な風に操られてしまったのかなぁ、と。以前、どこかのブロガーさんが書かれていたのが、「勝ち点では、3引き分けは、1勝2敗と同じことなんだよね」という文句。

 反対に、開幕5連敗して、バス囲みされたチームが、(後半ダッシュしたのはグラに負けてからだよ、宮澤ミシェルさん。ガンバに負けてからではなくて)あとは勝つしかないと、それを本当に実行してきた。その差が顕著に出てしまった感じ。


※おまけ。
 アウェイ柏レイソル戦に行ったときも、朝日新聞さんは、試合後の臨時ペーパーを出していたなぁ。小さい町の方が、やりやすいんですかね。名古屋も瑞穂で配ってくれないかしらん。

| 22:21| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 22:21| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1505
 トラックバック