ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 正月のサッカーをクリップ | main | マギヌンやっと〜豊スタの事故 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
ドラマ 『ファイブ』
■時事ドットコム:藤枝東、しぶとさ増し決勝へ=王国復活へ、あと1勝=高校サッカー
 いや〜、楽しかった。津工業vs流経大柏戦と、2戦続けてのTV観戦は疲れたけど、白熱した、いいゲームを見せてもらって、大満足。
 とくに藤枝東は、さすが“サッカーどころ”のチームという感じ。激戦区を勝ち抜いてきたプライドみたいなものさえ、プレーから感じました。

 プロと比べれば、まだまだだろうけど、高校生も、ずいぶんレベルが上がったなぁ、という印象。とくに、ハイプレッシャーが流行(?)の今、かいくぐる気持ちの強さとか冷静さ、フィジカルの強さなど、どこかの(プロ)チームに見習ってほしいくらい(苦笑)


 そんな風に、今日“も”TVの前に陣取っていた日になりましたが、昨夜はまた違うものに注目!で、TVモニターの前に腰を下ろして。

■ファイブ : NHKドラマ

 裏で『のだめカンタービレ』その2を放送していたけれど、こちらに注目。なにせ、舞台は“名古屋市郊外”。JBLのアイシンがモデルなので、当然ではあるのだけど、そのアイシンの実話というだけで、やっぱり見たくなって。
 原作があって、コミックス版があって、ドラマはコミックス版を参考にしている、と聞いたのだけど、どちらも読んでないので、わからない……(笑)

 多少、コミックス的なドラマ運びや演出があったけれど、リストラ、ロートル、省エネバスケなどのキーワード、社員と会社、企業スポーツ・チームのあり方とか、いろいろ考えさせられることがあって、楽しめた。
 クラブを存続させるために町の人が署名するところなど、ちょっぴりFC刈谷を連想してしまったり。

 なにやら、Fリーグも失敗ではという話が出てきているようす。始まったばかりなので、早急だとは思うけどね。花巻など、“地域に密着したスポーツ・クラブ”の面目躍如で盛り上がっているところもあるそうだし。

 バスケもbjとJBLと別れてしまっているのは、不自然だし、できれば一つになって、やはり“地域密着”でやったらいいのに、とか、その地の他スポーツのクラブと手を結ぶようなことも、していってほしいなぁと思ったりする。

 足の引っ張り合い=客の取り合い、ではなくて、共生。Jリーグがリーダーシップを発揮するのが一番だと思うけれど、野球チームも賛同してくれるとありがたいね。


ファイブ
ファイブ

ファイブ 1 (1) (ビッグコミックス)
平山 譲 くさか 里樹 小学館 (2006/11/30)



 折しも、こんなニュースが。
■時事ドットコム:リーグ低迷の日立、初の4強=全日本バスケット



JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

JUGEMテーマ:スポーツ


| 20:27| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 20:27| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1260
 トラックバック