ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
<< 新体制発表、あっちもこっちも | main | 「世界の強豪と戦うには、Jの笛を世界基準に!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
塾の広告がイッパイ
 新聞を一紙、やめたので、折り込みチラシの量は激減したのだけど――そう書けば、名古屋の人はわかってくれるのでは――、それでもしっかり入ってくる、塾の広告。
 もう、そんな季節なんだ、とは思うものの、他人事でないのは、ここでも度々書いてる。もっとも、子どもを塾に入れて学習し直すには、もう遅いんだけどね。[:がく〜:]

 少し前に、教育法見直し委員会(という名称じゃなかったけど。審議会、だったっけ)で野依さんが「塾は廃止!」とぶちあげてニュースになってたけど、気持ちとしては賛成だったりする。

 文章書きの先生が言うには、“嫁姑問題と受験戦争が勃発してるのは、韓国と日本だけ”だとか。
 欧米に塾は無いっていうもんねぇ。

 私が娘の年齢には、小中学校の教師は塾を目の敵にしてたもんだけど。
 今は、成績がよくないと「行ってください」というらしい。

 そんなこんなで時は過ぎ、今やすっかり学校教育の中に組み込まれてる。システムとして出来上がってしまっているから、これを変える(変わる)には、相当の時間と覚悟と行動力が必要になりそう。

 とはいえ、子どもの数はどんどん減っているから、学校の方もこれまでどおりに行かないだろう、というのは、見え始めてるけど。
 不登校の子も多いし。
| 14:52| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| 14:52| スポンサードリンク| - | -
コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://erka.jugem.cc/trackback/1088
 トラックバック