ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
「小塚が3位、フィギュアスケート四大陸選手権」
時事ドットコム:認定された4回転=強気に挑んだ小塚−四大陸フィギュア
時事ドットコム:四大陸フィギュア・談話
時事のニュース写真

 女子ばかりに触れて、男子スルーでは、ちょっとね。いや、小塚崇彦選手も名古屋人ですから。やっぱり気になります。

 欧州勢抜きの大会とはいえ、堂々の3位! 4回転に挑戦するのはデフォだったかもしれないけど、失敗でもこの成績ですから。(ちゃんと認定されたんですね) 本当にこの年齢は、どんどん成長するなぁと感心しきりです。

 もしかしたら、彼のダンスの先生が言ってたように、「高橋大輔選手という先輩が怪我をして、出られなくなって自分がやらなきゃ、という自覚が湧いた」のかもしれません。
 にしても、最近の日本の選手たちは、ホントに強くなったなぁと。とくにメンタルの部分が。ガラス・ハートなどと言われていたのはいつの時代? というくらい。むしろ、のびのびと試合を楽しんでいるようで(緊張した、というコメントがあっても)、妙な精神論を振りかざす実況などが、え〜い五月蠅い、と言いたくなるほどw (妙な“物語”もくっつけるしね)

 その頼もしさでもって、世界選手権もメダルを勝ち取ってほしいな。





| 23:27| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「フィギュアスケート四大陸選手権」をネット放送で
時事ドットコム:【特集】フィギュアスケート 08-09
 時事のニュース写真

 「連覇ならず」という結果は残念だったけど、SP6位からの巻き返しで3位!
 すごいです。
 ――って、こんな状況、以前にもあったような……。

 浅田選手、敗因(?)が分かっているとの言葉には、ホッ。「どうしてだか分かりません……」なんてコメントをされたら、さすがに、ワールドは大丈夫? と心配になってしまうから。


続きを読む >>
| 19:38| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「浅田真央 SPで出遅れる」四大陸選手権
 TV中継がないので、ニュース・ソースのみで書いてますが。
 う〜ん、年末から年明けにかけて、全日本、団体戦、メダリスト・オン・アイス、名古屋フェスティバル、スターズ・オン・アイス……。その少し前には、グランプリ・ファイナルがあったなぁ。
 いくら“若く”ても、大丈夫なのかと心配だったけど、やっぱり疲労なんですかね。

 地元の名古屋フェスは、毎年恒例の行事で外してほしくないけど、ショーなどは荒川選手――じゃなくてプロスケーター荒川静香さん、ですね――なども出ていることだし、そんなに引っ張り廻さなくてもお客さんは入るでしょ、と思ったりしていたのだけど……。
 (現に私の母親などは、録画しておいたショー番組の「荒川を見せて〜」と叫んでましたからねぇ)

 ま、見る方としては、楽しみではありますけどね。
 でも正直、競技者は毎回、同じエキシビション・ナンバー。見飽き感もちょっぴりあったり。


 どこも(アマ・プロ関係なくスポーツ関係は)、同じような“症状”に悩んでいるんでしょうかね。“ビジネス重視”(ようは金儲け主義)という病に。


 それと、少し前の『AERA』に出ていた、「真央の敵は、新採点法」という記事。
 佐野稔さんも、どこかで「重箱の隅をつつくような採点方法だ」と批判的なコメントを発していたけれども、それでせっかくの“世界的な才能”が潰されてゆくのを見るのは、たまらないよねぇ。

 (私はまた、伊藤みどりvsカタリナ・ビット、つまりジャンプ=技術vs芸術の相剋かと思ってました。いや、そういう点もあるのかなぁ)
 (ショーで久しぶりに見たサーシャ・コーエン、なぜ出てこないのかなと思っていたら、この採点法のせいで迷いが生じたから、と最近、知った。モッタイナイ)

 欧米って、人の才を伸ばす方へ、引っ張り上げる方へ動く文化、じゃなかったのかねぇ。



★上のリンクの続きのエントリ関連エントリ
 イタリアのコストナー選手も、欧州選手権でジャッジに抗議してたのか〜。




| 13:00| サヤエンドウ| comments(2) | trackbacks(1)
井上玲奈・ボルドウィン組は5位、四大陸選手権
 結果はこちら↓

ホウ清/トウ健組がペア2連覇、フィギュア四大陸選手権 : AFPBB News

 欧州勢がいないので、メダルには届くかなぁと思っていたけど、残念。
 この春にご結婚とのことで、ご祝儀になるとよかったのに(って、よけいなお世話?)
 世界選手権には出られるんだっけ? だとしたら、ベテランの味、思い切り発揮してほしいなぁ。


 ――中国勢は、少し前から旧ソ連勢みたいになってきてるねぇ……。(国家が支援してるんだから、そりゃ強いわな)
 何かと話題の「新採点法」って、ペアには無いんですかね。(ジャッジする箇所がないか)





| 12:55| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
フィギュアGPファイナル @ 韓国
浅田 3大会ぶりの優勝、フィギュアGPファイナル
金妍児 総合2位
中野は総合5位 安藤は総合6位に終わる、フィギュアGPファイナル
小塚 ファイナル初出場で準優勝

 忙しい週末の日曜日。クラブW杯に(入れ替え戦)、フィギュア・スケート。昨日は、Fリーグの名古屋オーシャンズの試合を生中継(!)なんてのもあって、格別に楽しい休日に。

 な〜んて、そうなったのは、私の片頭痛のせい。先にも書いたように、外出できないからこそのTV三昧(といっても、しっかり見ているとよけいに辛くなるので、チラ見ですが)だったから、なんだけどw

続きを読む >>
| 16:10| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
GPファイナル、小塚シングルSPで首位
 女子の熱い闘いも面白いけれど、今回は小塚くんに注目。
 いや〜、この年代って、本当に伸びるときはぐんぐん伸びるなぁ。昨季までは、先輩に囲まれて、ちょっと自信なげに、でもどうせ無名だからという開き直りも垣間見えて、先がどうなるか楽しみ、と思っていたけれど、ここまで成長するとは。

 下の世代も追い上げてきているし、刺激になっているのかも。いい時代になりました♪
 「緊張した」と本人は言ってましたが、緊張の仕方が以前とは違ってきているのかな。“ガラスの心臓”などと表されていた選手たちとは、人種が違って見えるw
 あとはフリー。確かな技術に裏打ちされた軽快な滑りを見せてほしいな。


(客席がコンサート会場みたいだと進行係?が話していたけれど、演技中の悲鳴みたいな歓声は止めてほしいなぁ。滑りもだけど、音楽を楽しみたい面もあってフィギュア・スケートを見ているので、拍手以外でそれがかき消されるのは、ちょっと鬱陶しい)
| 11:13| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
織田信成選手復活! NHK杯シングル優勝
 女子に続いて(?)、男子はどうなったのかな〜と思っていたら。(NHKの中継、地上波とBSとに分かれていて、録画するにも予約するにもややこしくて困った。ペアなどは、ライブで第2グループからずっと放送していたり。結局、男子のフリーは、見逃した〜)

 とくに織田信成選手、久々の登場でどうなのかな〜と思っていたら。いきなりSPでトップ。思いの丈をぶつけるような演技に、ちょっぴり感動。人は失敗や苦難を乗り越えて成長していける、ものなんだなぁと、あらためて知らされました。

 「仮面舞踏会」の音楽もよかった。盛り上がるし、感情を込めるのにぴったり。
 コミカルな音楽と演技が持ち味と思っていたのに。
 フリーは見てないので、わからないけれども。
 再放送してくれないかな。ちゃんと見たいです。

| 23:36| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
| 1/5PAGES | >>