ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
“トルストイの散歩道”シリーズ
 新聞に広告が載っているのを見て、即、買い。
イワンの馬鹿イワンの馬鹿
レフ トルストイ, 北御門 二郎


 なんせ、挿画が和田誠さん!
 星新一の“児童書扱い”全集も、これでノックアウト(笑)。

 自分が読むというより、子どもに読ませたいと思っての購入ですけどね。
 もちろん、私も楽しみます(笑)。シリーズの中には、未読のお話もあるし。

 中学生なのに、か、あるいは中学生だから、か、わが家の王女様は、いつまでも子どもっぽい。本も、外見が可愛らしく、親しみやすい感じでないと、なかなか手にとってくれない。
 岩波文庫などのいかついイメージの本――というか、ライトノベル系意外は、全部そうかも――は、学校や塾からオススメ・リストをもらってきても、なかなか読もうとしない。

 そんなとき、こういうのは助かる。

あすなろ書房のサイト「トルストイ民話集 全5巻」より。↓
続きを読む >>
| 00:09| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『SFセレクション(全7巻)』 ポプラ社
SFセレクション 全7巻
SFセレクション 全7巻
赤木 かん子
by Amazon


 フェリシモという通販会社のブックポート・クラブというブックレットを取っているのだけど、たまにへぇ、と思うような本が載ってくる。
 今回はこれ。

 この中で、まず読んでみたい、中学生の娘にも読ませたいと思ったのは、

変身願望~メタモルフォーゼ
変身願望~メタモルフォーゼ
志村 貴子, 菅 浩江, 赤木 かん子
by Amazon


志村貴子という人は漫画家さんらしいけれど、私が反応したのは菅浩江さんの方。

 他にも

空への門:星新一
宇宙少女アン:クリス・ネビル著 福島正実訳
ぼくは、おんなのこ:志村貴子
嘘つきな人魚:菅浩江
わが家のサッカーボール:イアン・マクラウド著 宮内もと子訳


 の全5編が載っているとあった。
 「嘘つきな人魚」は、どこかで読んだことがあるような気がする。けど、近ごろ、SFなライトノベル(ライトノベルの中のSF?)にハマっている娘には、ちょうどいい選書ではないかと。

 同じシリーズの別の本では違うようだけど、これは児童書の専門家と言ってもいい、赤木かん子さん編集。信頼がおける。
 私自身は、もともとSF者だから、それぞれの作家ごとの――こうしたアンソロジーではなく――本を読みたいけれど、入門編にはいいかも。



★bk-1
変身願望-メタモルフォーゼ
志村 貴子〔ほか〕著 / 菅 浩江〔ほか〕著ポプラ社 (2005.2)通常2-3日以内に発送します。




★楽天ブックス
SFセレクション(6)


 全7巻のセットは、ポプラ社のホームページでも買えるみたい。


| 23:38| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『スペシャルエディション ナルニア国物語』なるものが
スペシャルエディション ナルニア国物語 全1巻
スペシャルエディション ナルニア国物語 全1巻
C.S.ルイス, ポーリン・ベインズ, 瀬田 貞二

 カラー版のナルニア国物語を、思い切って購入したのだけど、そのとき、Amazonでオススメ、と現れたのがこの本。
 豪華、1冊本。
 いわゆるモノホンのハードカバーで、大型、“ご家庭の本棚に飾ってください”=安置本。

 でも。
 うそ〜。セット本より安い!


 以前、指輪物語がアニメになったとき、同じような豪華大型本が出た。(今でも出てるみたいだけど――最近の実写版映画のおかげかな)
 さすがにそれは、1冊にまとめることはできなくて、全3巻だったと記憶してる。あのころ、ビンボー・シングルだった私は1巻しか買えなくて、でもたしか、3冊揃えても文庫版のセットをまとめて購入するのと同じくらいかちょっとお高いくらいのお値段で、(へぇ意外に良心的だな)と思ったことを覚えてる。
 ホントのところ、どうだったのか、わからないけど。つまり、文庫1冊の代金が高い! のかもしれないけど。


 でも、まぁ、手に入れた“大版”指輪物語がそうであったように、さくさく読むには、デカイのは向いてない。書斎があって、そこでリッチな気分で頁を開くにはいいけど。ちょうど、「はてしない物語」のなかで、書店のオヤジがやってたように。
 一般人としては、四六判くらいの手頃な大きさの方が、やっぱりいいよね、読みやすくて。

 それに、大型本は、意外に絶版にはならない印象があるけど、小型カラー版のほうは、ブームが去ったら、さっさと書店(版元)から消えそう。

| 14:06| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
カラー版 ナルニア国物語 全7巻セット
 ナルニアは大判(というか、本来?の)シリーズのうち、3冊ほど持っているのだけど。
 今回、映画化されるに当たって、新装版は挿絵が原書と同じ、カラー(色つき)だとか。

 書店で確かめてみたのだけど、やっぱり色が付いてるのと付いてないのでは、何となく、印象が違う。
 物語が踊っているというか、立体感が出たような気すらするのは、映画のモノクロ版と総天然色(古い言い回しだなぁ)の違いと同じ、ってこと?

 どのみち、最終巻までの数冊を、順に揃えるつもりだった。なかなか叶わなくて今日まで来てしまったけれど。この際、一挙に揃えるのも手かも。
 どうせ、映画化のあおり――じゃなくて、勢いで、いろんな版が出るのも、今のうちだろうしね。


カラー版 ナルニア国物語 全7巻セット
カラー版 ナルニア国物語 全7巻セット
C.S.ルイス, ポーリン・ベインズ, 瀬田 貞二

| 00:12| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
追記:『12歳からの読書案内』やっと購入
12歳からの読書案内
12歳からの読書案内



 早速、読んでみた。金原センセイ監修とあるだけあって、本の紹介文を書いているのは、冒険とか家族とか、カテゴライズされた項目ごとに、それぞれ別の人。
 ひこさんもいる。ほとんどは、知らない人。メルマガの「児童書評」で書いてる人たちかな。金原センセイのもの以外は、あんまり読んでないんだよね。

 全体に、ライトノベルが多い印象。
 それも、男の子向けが圧倒的。
 もちろん、良書を選別してあるんだろうけど、読書案内にしては、少々、偏りすぎの感がなきにしもあらず。いわゆる昔からある「これを読むべし」大家、文豪の本なんかは、全然、載ってないし。 

 
 金原センセイの惹句「これは、とくに親に読んで欲しい本です〜」の意味が、つかめてきた。
 喰わず嫌いしてないで、今の子どもの世界を知れ、ということだね、多分。

 子どもの活字離れが言われ、学校で朝の読書習慣が始まって、しばらく経ってみれば、実は「親世代の方が、あまり本を読んでない」なぁんてことが言われるようになって。

 とはいえ、いつの世も、親世代は、「今の若者は……」と言いたいもの。親が読ませたい本と、子どもが読みたい本の乖離も、昔と変わらないのだろう。親自身だって、本当の意味での良書を読んでるとは限らないのに。
 そうした気持ち、事実が、金原センセイをして、この本を提示させたのかな。

 まぁ実際、あまり本というものを手にとらない子どもにとっても、「へぇ、こんな本もあるんだ。面白そう」と思ってくれれば、万々歳、ではありますよね。

| 22:38| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『12歳からの読書案内』 金原瑞人(監修)
12歳からの読書案内
12歳からの読書案内
金原 瑞人

 Amazonからお知らせメールが来ました。“以前に「金原瑞人」の著書をお買い上げいただいた”ので、紹介します、とあったのがこの本。


 ヤングアダルト向け読書案内の類は、赤木かん子さんなど、いろいろな人のオススメを集めた本が以前にも出てたと思うのだけど、今回は“12歳から”というのがキーワードかも。

 というより、これは、どうやら「親のための本」らしい。子どもに、どんな本を“与えて”いいか迷っている人向け、みたい。




1章 「希望」がわいてくる本 ~「やりたいこと」や「新しい自分」に出会う!
2章 「勇気」があふれてくる本 ~「孤独」や「試練」を乗り越える!
3章 「コミュニケーション」の大切さに気づく本 ~理解しあう喜びを知る!
4章 「情感」が豊かになる本 ~毎日を楽しみながら生きていく!
5章 「いのち」の重みに気づく本 ~自分の生き方を見つめ直す!
6章 「冒険」させてくれる本 ~未来は自分で切り拓く!
7章 「想像力」がふくらむ本 ~何でもありの未知の世界!
8章 「好奇心」を刺激する本 ~身近なことを深く知る
9章 「豊かな言葉」に出会える本 ~短歌や詩を味わい尽くす!




 金原瑞人センセイは、「児童文学評論」という、ちょっといかめしいタイトルのメルマガのなかで、自身が訳した本のあとがきを集めた「あとがき大全」というものを出しているのだけれど、その中でいろんなヤングアダルト本について書かれているのが、なかなか面白い。

 ただ、メールマガジンという気楽さ(?)のせいか、ある意味、マニアックな本も多くて、一般の人――という言い方も何ですが――に、いきなりオススメしたらキツイだろうな、と思うことも。
 そういうとき、この手の本が役に立つのかもしれないね。

 それにしても、どんな本が載ってるのか、興味津々。



★bk-1
(・e・)


★楽天ブックス
12歳からの読書案内

| 21:35| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「ゲド戦記」全6冊セット
ゲド戦記全6冊セット
ゲド戦記全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin


 スタジオ・ジブリの次作が『ゲド戦記』と聞いて、ハァ? とビックリ。
 あの壮大で哲学的な物語をアニメにできるのか〜?

 まして、宮崎駿さん監督でなしに、息子さんが監督するって?
 なんや、それ? という話ですよね。宮崎駿さんも反対してると言うし、原作者も宮崎駿さんが監督だというからオーケイだしたというではないの。その辺、ちゃんとしてよね〜、と言いたいですよね。


 ――なぁんて、知ったようなこと言ってるけど、実は、途中までしか読んでない。(^_^;
 たしか、4巻までは家にあるけど。いや、5巻だったかな。ともあれ、4巻が最終巻、のハズだった。(その昔、やっぱり4作セット、というのがボックス入りで売っていたような……)

 が、その後、続巻として5巻が出て、そのまた続巻として、また6巻が出て……。
 解説によれば、時代が変遷したので、4巻の内容では終わりにできなくなった、と。
 しっかり読んでないので、意味がわからない。(^_^;

 はい、これから、最初から読み直します。映画を見るためにも(!)。

| 23:51| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>