ericolumn

ハレの日なんて多くない。
ケの日、日常と悩みを書いてます
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
読んでるブログ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
FootBall公式&チケ情報
BlogPet








映画情報
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | スポンサードリンク| - | -
心地いい〜 「THE BIRD AND THE BEE」
 久々〜な音楽ネタ。
 朝はいつもFMラジオを聴いているんですが、「おっ、これは」と思う曲(の情報)はみんなここからゲット。
各メディア注目の新人ユニット、
「THE BIRD AND THE BEE」がデビュー
2007年1月にリリース(bounce.com)


ザ・バード&ザ・ビー
「ザ・バード&ザ・ビー」


 流れていたのは『アゲイン&アゲイン』。
 今朝はこの曲が琴線に触れた。毎朝、何かしら発見がある、というわけじゃないけど、気忙しい時間帯に、ゆったりと和むメロディが流れてくると、それだけでホッとする。
 ボサノバを思わせる、ちょっと不思議なメロディ・ライン。気怠げなサウンド。好みは人それぞれ、夜向き朝向きなんて決めつけることはできないけど、「さぁ、これから仕事〜」という場合は、逆にトーンダウンしそうな曲調。

 最初は、ブラジルあたりの南米のミュージシャンかと思った。とりあえず情報が欲しくて音楽サイトへ行くと、LAのユニットとあった。
ヴォーカル担当のイナラ・ジョージはなんとローウェル・ジョージ(リトル・フィート)の実娘、

 「リトル・フィート」って懐かしい名前だなぁ。
 往年の(と言ったら叱られる?)ロック・グループのメンバーの、子どもたちが活躍する時代。映画俳優のリヴ・タイラーが出てきたとき、エアロスミスのスティーヴン・タイラーの娘と知って、ビックリしたものだっけ。(古……、いつの話だ?)
 いつもの口癖ながら、時の流れるのはホント速い……。

| 18:48| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
“ポール・モーリアさん死去”
asahi.com:ポール・モーリアさん死去
 享年81歳。寿命といっていい年齢とはいえ、ニュースを聞いたときは、さすがにショックだった。
 こうして、次々と、世界で活躍した人がいなくなってしまう……。
 もちろん、新たな才能も次々と出てきて、世を湧かせてはいるんだけれども。

 オトナっぽいものが好きだったナマイキな子どもは当時、小遣いをちょっと貯めれば買えた“シングル・レコード”を順に買い集め、『恋はみずいろ』とか『エーゲ海の真珠』『オリーブの首飾り』といった曲を、始終、聴いていたのだった。

続きを読む >>
| 07:10| サヤエンドウ| comments(4) | trackbacks(1)
荘野ジュリを試聴
 Zip-FMでイベントの告知をしていて、出演者のひとりとして「荘野ジュリ」を紹介していた。バックに流れていた楽曲が、すっごく印象的で、CDを探したくなった。
 ファンの人には何を今さら〜、と言われてしまいそうだけど……。

 余談だけど、先日の「GEX」で杉本恵太選手が好きなアーティストを問われて「F.O.H」。アナの人は知らなくて「何て読むんですか?」

 こんなものですよ〜。昔(!)と違って、今は多様化の時代だしねぇ。
 まして、このトシになると、“気になるアーティスト”を見つけるのも苦労。狭い家のなかに受験生がいると、ラジオをガンガンかける、なんてこともできないし……。(親の方がガキですねぇ)

 私が聴いたのは「駅ニテ」みたい。ちょうどベスト盤が出たところで、これまでの楽曲を合わせて聴くにはJust Time。

Shono Juli Best
Shono Juli Best
posted with amazlet on 06.10.13
荘野ジュリ ビクターエンタテインメント (2006/08/23)


| 22:55| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
スガシカオ 『午後のパレード 』
 このところ、FMラジオなどでヘビー・ローテーションか、と思うくらい、よくかかってる。跳ねた感じがイイ。
 “積水ハウスシャーメゾンTVCMソング/日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』9月オープニングテーマ”だそうだけど、う〜ん、TV-CMでは記憶にない。あんまりTV見ないし(サッカーとニュース以外は)。

 曲だけじゃなくて、PVも跳ねてた。最近は、サイトでPVが見られるので、ありがたいね。それにしても、バックダンサーズと一緒に(?)踊ってる曲って珍しくないか>スガシカオ。

 子どもに予算のかかる今は、シングルCDを買うのも熟考してから(^_^;。iTunesで手に入らないかと思ったけど、まだ。というより、スガシカオの曲ってiTunesで扱って無い? どうなんだろ。

午後のパレード
午後のパレード
posted with amazlet on 06.09.11
スガシカオ BMG JAPAN (2006/09/06)


 ホント言うと、この『午後のパレード 』のPVがDVDとして付いてるニュー・アルバムを購入したいんだけどね。楽しそうだし。曲は相変わらず、どれもいいし♪

PARADE (初回限定盤)(DVD付)
PARADE (初回限定盤)(DVD付)

 う〜ん、どうしよう。
| 00:06| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
「GO! GO! カリート」
 いつも聴いてるFM局、ZIP-FMのイベントで、“カリート”ご本人が来る! とDJがしきりに叫んでた。スタジオじゃなくて、カフェ・アビームというディスコ系クラブで、ちゃんと歌ってくれるそうな。なんだか番組聴いてるだけで、こちらまで興奮して来ちゃう。


 少し前からラジオのFM局でかかってて、聴くたびに娘と一緒に笑い転げてた。ヨーロッパから来た楽曲だというけど、これ、日本を狙ってない〜? って。
 「カリート」と早口でまくし立てるのも可笑しいけど、これに「カリカリっと」と聞こえる歌詞がまた!ときめき

 そうしてるうちに娘はバースディプレゼントにiPodをゲット。なんと、初っぱなから、この曲をダウンロードしたい! と来た。
 まぁ、1曲200円だしね〜。彼女の小遣いから出せるし。
 ある意味、いい時代になったもんだ。

 もっとも、データだけだから、形に残らないけど。(残すには自分でCDに焼き付けなくてはならない)
 娘は、iPodで聴きまくってるみたい。←こういうタイプは、精神的に参ったりってことがないんだろうな。ウラヤマシイ。


視聴もできる「カリート オフィシャルサイト」

動画はこっちの方が全曲


メキシカン・ヒーロー~カリートのフェスタへようこそ!~
カリート ドリーミュージック (2006/07/12)

| 23:56| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(1)
ツネさまの『ミオ・クラシコ』
 カテゴリーをどこへ入れるか、迷いますね。CDだけど、サッカー選手とのコラボ品。
 ナカタドットネットで売ってる、スタイリッシュ(?)な、イージーリスニング風の現代音楽CDと違って、こちらは格調高くクラシック♪

ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖
ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖
オムニバス(クラシック), ニューヨーク・フィルハーモニック, バーンスタイン(レナード), ヴェルディ, アントルモン(フィリップ), サティ, フィラデルフィア管弦楽団, オーマンディ(ユージン), バッハ, ラフマニノフ



☆楽天ブックス
ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖

 誰が選んでるの〜、というイジワルな外部の声もあるみたいだけど、私がラジオで聞いた話によれば、宮本選手は元々、クラシックが好きで、いつも聞いてる曲から選んである、とのこと。
 たしかに、インテリだけに、頷ける話。いや、ヒデだって、クラシックと言われれば、似合うと思うけどね。

 日本のサッカー選手って、海外などの、いわゆる“サッカー選手”――ちょいと粗野で教育のし甲斐のある、といったら言いすぎか――のイメージとは少しばかり、外れる人が多そうですね。そこがまた、「日本的」で、いいんだろうけど。

| 00:04| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
『ワリー』が流れてきたので
 朝、FMラジオをつけていたら、聞き覚えのあるメロディが。カタラーニのオペラ「ワリー」のアリア。
 オペラにはあまり造詣が深いとは言えない私が、こんなマニアック(?)な曲を知っているのは、遙か昔に見たフランス映画『DIVA(ディーバ)』のおかげ。
 流れていたのは、サラ・ブライトマンの新しいアルバムから選曲されたものだったけれど。

ディーバ -ニューマスター版-

続きを読む >>
| 23:16| サヤエンドウ| comments(0) | trackbacks(0)
| 1/7PAGES | >>